大人ニキビ 思春期ニキビ 違い

大人ニキビと思春期ニキビの原因の違い

 

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビと思春期ニキビは
原因が少し違うので
人によっては違うケアが必要です。

 

 

大人ニキビができてしまっても
若い頃と同じケアをしていては治らないので
それぞれの原因を確認した上で対策しましょう。

 

 

今回は大人ニキビと思春期ニキビの原因の違いをお伝えします。

 

 

 

大人ニキビの原因

 

大人ニキビは様々な原因が重なってできます。

  • 栄養不足・食事の偏り
  • 生活習慣の乱れ
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 水分不足
  • 間違った洗顔・スキンケア
  • ダメな化粧品の使用
  • お酒
  • タバコ
  • 過度なダイエット
  • 肌の乾燥
  • 生理・妊娠によるホルモンバランスの乱れ

 

 

項目を見るとわかりますが、
普通に生活しているだけでも
かなり健康を意識していないと
いくつか当てはまる項目があるのではないでしょうか。

 

 

これらすべてがニキビの原因となる可能性があります。
なので大人ニキビができた場合には
自分の生活を振り返って
原因になりそうなものは見直していく必要があります。

 

 

もちろん、化粧品を見直したり、
スキンケア方法を見直すだけでもある程度効果はあります。
ですが生活習慣を見直すことで
より早く治すことができるのは確かです。

 

 

 

思春期ニキビの原因

 

対して思春期ニキビの原因のほとんどは
成長期の体の変化に伴う
ホルモンバランスの乱れによる皮脂の分泌量増加です。

 

 

もちろん、大人ニキビで挙げた原因で
ニキビができることもありますが、
基本的には皮脂の過剰分泌に対応すれば症状は改善します。

 

 

体の成長によるものなので
ホルモンバランスの乱れをなくすことはできないので
スキンケアと食事で対策することが大事です。

 

 

 

 

以上が大人ニキビと思春期ニキビの原因の違いです。
それぞれ原因が違うのでそれに合わせた対策をしないと
ニキビが治らないので注意しましょう。
ずっと若い頃と同じケアではダメですよ。

 

 

 

>>>ニキビケアは洗顔から|効果のある化粧品使っていますか?TOPへ戻る