ニキビケア用洗顔料の選び方

ニキビケア用洗顔料の選び方3つのポイント

ニキビケアの洗顔料選び

 

ニキビケアするときの洗顔料や洗顔石鹸を
何を選んだらよいか迷うことがあるかと思います。
あれこれ調べてみてもどのニキビケア商品も
一長一短で効果がある・ないといった評判があるからです。

 

 

実はニキビケア用品はそれぞれ肌タイプによって
効果のあるもの・ないものに分かれます。
そのため、思春期ニキビにはプロアクティブでしょ!
みたいな知名度やCMの印象だけでは判断してはダメなのです。

 

 

そこで今回はニキビケア用洗顔料の選び方をお伝えします。
これを読んであなたの肌タイプに合わせて
ニキビケア用の洗顔料を選んでほしいと思います。

 

 

 

キメ細かい泡が作れること

 

これはどの肌タイプでも必ず必要な条件です。
キメ細かい泡が毛穴の奥まで入り込み
ニキビの原因となる皮脂や汚れを洗い流してくれるからです。
しかも、キメ細かい泡を作ってから洗顔すると
肌への刺激も抑えることができるので良いです。

 

 

キメ細かい泡は基本的に泡立てネットを使って作ります。
泡立てネットさえ使えばだいたいの洗顔料で
キメ細かい泡が作れますが、
作れない洗顔料は使わないようにしましょう。

 

 

 

ニキビ有効成分が配合されていること

 

ニキビケアをするのでニキビ有効成分は必須です。
ニキビ有効成分とは肌の炎症を抑え
ニキビを予防してくれる成分のことです。

 

 

具体的には主に

  • サリチル酸
  • 天草エキス(グリチルリチン酸ジカリウム)

の2つが洗顔料や化粧品に含まれるニキビ有効成分です。

 

 

これらの成分はそれぞれ適性があって
サリチル酸は脂性肌(オイリー肌)・普通肌や思春期ニキビ向きで
天草エキス(グリチルリチン酸ジカリウム)は敏感肌・乾燥肌や
大人ニキビ向きになります。
これはサリチル酸は効果が高い分少し刺激があって、
皮脂がとても多いニキビケアに効果が高いからです。
あなたの肌に合わせて選ぶようにしましょう。

 

 

 

保湿・潤い成分が配合されている

 

保湿は洗顔後のスキンケアですればよい、
と思われるかもしれませんが
乾燥肌や敏感肌の方は是非とも
洗顔料から保湿成分の有無を気にしてほしいです。

 

 

保湿成分がしっかり配合されていたり、
乾燥から肌を守るための皮脂は残してくれる洗顔料だと
洗顔後の肌のツッパリ感がまるで違います。

 

 

肌の乾燥が原因で出来る大人ニキビなどは
保湿成分があるだけでもかなりにニキビケアになるので
出来るだけ保湿成分が配合されているものを選びましょう。

 

 

 

 

以上がニキビケア用洗顔料の選び方3つのポイントです。
このたった3つのポイントを抑えるだけで
ニキビケアに効果的な洗顔料を選ぶことができます。
洗顔料を変えたらニキビが増えた、なんてことにならないように
ポイントをしっかり押さえて洗顔料を選びましょう。

 

 

 

>>>ニキビケアは洗顔から|効果のある化粧品使っていますか?TOPへ戻る